自己紹介

はじめまして!

私Nainaは、2018年4月から、インド・デリーで働き始めました。
このブログでは海外就職、海外生活についてつづっていきたいと思います。

 

プロフィール

幼少期~中学生

東京生まれ東京育ち。地元の小学校、中学校に通いました。田舎で自由に育ちました。勉強は得意でしたが、優等生タイプではなく先生をよく困らせていました。中学2年生ごろから早く地元から出たいという気持ちがありました。

 

高校生

東京の西のほうの高校に進学。部活動に明け暮れていました。東大に行きたいと思い、早稲田の付属高校を辞退して都立高校に進学したはずが、気づけば落ちこぼれになっていました。高3の夏まで部活を続け11月までふらふらしていましたが、12月にこれではまずいと思い受験勉強を始めました。現役で入れそうな国立大学を見つけ、一ヵ月でE判定からA判定まで気合で成績を上げ、現役合格しました。

 

大学時代

東京外国語大学ヒンディー語専攻に入学。高校では勉強をしなかったので、大学では学問に真面目に取り組もうと考えていました。同級生の中では、成績上位だったと思います。語学が得意なタイプではありませんでしたが、ヒンディー語もある程度のレベルまでは習得しました。

大学4年次に大学を休学し、インド・デリーに留学しました。これまで学んできたヒンディー語を使うことができ、インド文化に生で触れられて楽しい毎日でした。

帰国後よくわからないまま就活をし、50社ほど手あたり次第に受け最初に内定をくれた会社に入社しました。

 

社会人

兵庫県の工場で経理を担当。原価計算の課でした。メールの書き方から始まり簿記の考え方やExcelの使い方など、社会人としての基礎を教えてもらいました。工場の同期と仲良くなり、今でも連絡を取るような友人ができたのは大きな収穫でした。彼氏も出来ました。

大企業は部署によって働き方や雰囲気が大きく異なるのはよくあることですが、私はブラックで有名な工場の、ブラックな部署の、ブラックな課に配属されてしまいました。そこで精神を病み、身体を壊して入院するほどになり、退職を決意しました。

 

社会人 インド編

彼氏に海外で働こうと誘われ、インドで働き始めました。インドで働くのは日本とはまた別のストレスがあり大変ですが、日々学びながらがんばっています。

提案者である彼氏はまだインドに来ていないので、国際遠距離恋愛のほうもがんばっています。

一度ブラックな職場を経験したことから、組織に依存しない人間になりたいと思い、実務経験を積みながらUSCPA(米国公認会計士)の勉強も行っています。現在は簿記二級まで取得済み、TOEICは880点です。インド就職で体感的にはTOEIC900点は超えた気がしています。今度受験します。

 

こんな人が書いているブログです。よろしくお願いします。