USCPA REG スコアリリース、全科目合格!



一度落ちたREGに再挑戦し、合格することができました!これで全科目合格し、1年半に及ぶ受験生活を終えることができました。Twitterでの合格報告には300を超えるいいねを頂き嬉しかったです。ありがとうございます!

前回REGに落ちてからやったこと

①TAC教材の追加


アビタスのテキストでは暗記が厳しいと感じ、評判の良いTACの教材を追加しました。評判通りよくまとまっていて、知識を整理することができました。具体的には、各Form、basis(同種資産の交換、出資、清算、配当の処理)、事業形態による違い(Individual, Partnership, LLP, S Corporation, C Corporation)を重点的に対策しました。


ニーモニックも暗記の大きな助けになりました。扶養、控除項目などを整理して覚えることができました。アビタスのテキストを何となくやるだけでは、各項目が見覚えのある状態になるだけでそれがFormのどの部分に入るかなど問題に対応できる知識にはならなかったです。私は暗記がかなり苦手なので普通の方ならアビタスのテキストでも合格レベルに行けるのかもしれませんが…TACのほうが勉強の仕方や覚え方にまで気を配っている構成となっており親切でした!

②TBS問題演習


1回目のREGに落ちた要因として問題演習不足があったと思います。AUD、BECでは理論重視でテキストの読み込みに力を入れ上手くいったので、同じ方法で勉強したところ撃沈してしまいました。手を動かしながら覚えていくほうがこの科目には向いていると思います。


TBS問題もTACのテキストを使用しました。アビタスのTBSは問題数が少なく網羅性が低いのと、難易度も本番と比べると簡単すぎると感じました。TACは良問を選んでくれており、一問完璧にすればその論点はOKとなるので勉強しやすかったです。


追加のMC、ビジネスロー対策はほとんど行いませんでした。MCを毎日ランダムで解いただけです。TaxはTBSを仕上げればMCの正答率も自然と上がっていきました。ビジネスローは範囲の広さと量に対して本番の出題率が低くコスパが悪いと感じたので、割り切って税法の対策に時間を割くことにしました。

当日の手応え


私は全科目を通して、手応えと結果が一致していました。自信がないときは落ち、まあできたかな?と思ったときは受かりました。今回も基本的な問題は取り切れたのではないかなという手応えがありました。

MC


暗記科目なので知っていれば解けるし知らないものはいくら考えても分からない、迷って回答を変えない(直感で決めた最初の答えが合っていることが多い気がするので)ことを意識してサクサク解いて行きました。テストレット2はおそらく難化しました。あからさまに文章が長くなったりはしませんでしたが、全然知らない細かな知識が問われる問題がいくつかありました。全体で1割くらいは適当に回答したかもしれません。ただ、basisなど取るべきところはきちんと解けたと思います。

TBS


MCをサクサク解いたおかげで時間にはかなり余裕がありました。なので丁寧に資料を読んで回答していきました。不安なところはAuthoritative Literatureも活用しました。一問答えに端数の出る問題があり、それがダミー問題ではないかと思いました。そのほかは基本的な問題が多く、出題運も良かったです。


全て解き終えた時点で1時間ほど時間が余り、逆に不安になりました。が、蓋を開けてみれば合格していたので、基本的な問題は落とさず分からない問題は割り切るという戦略は良かったように思います。

スコアリリース


84点で合格しました!70点で落ちてから14点アップで合格でき、最後に勉強の成果が出てスッキリ終えることができました。

これで全科目合格です!


本格的に勉強を始めてから1年半かかっています。その間、ほとんど毎日欠かさず2〜3時間勉強していたので我ながらがんばったなと思います。インドに居た時のほうが娯楽も友人も少なく勉強時間は確保できていました。コロナの影響で帰国し、慣れないリモート子会社管理や夫との同居などで生活が大きく変わり勉強を続けるのは大変でした。ストレスが重なり心療内科で適応障害と診断され休職というところまでいってしまいました。そんな状況ながら何とか完走できてほっとしています。


転職などは当面考えていないので、まずは職場に復帰して普通に働くことが目標です。USCPAという肩書や、取得のために身につけた知識(今後どこまで覚えていられるかはあやしいものですが。。)はきっとどこかで役に立ってくれると信じています。Connecting the dots です!


最後になりましたが、支えてくれた家族や友人、周囲の人、勉強できる環境、この資格に挑戦できるだけの金銭的・時間的余裕があったこと、コロナの影響を受けずに最後まで挑戦できたこと、に感謝しています。幸運でした。


また全体の振り返りは別の記事でしていこうと思ってます。リクエストがあれば言っていただけると喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です