USCPA結果発表【FAR・AUD】


2週間ほど前、結果発表がありました。結果は手応え通り、FAR合格、AUD不合格でした。

FAR合格

点数:85点

学習期間:2018年11月~2019年8月(10か月)

 

あいだに単位取得を挟んだので、学習期間が延びてしまいました。勉強の方向性は間違っていなかったようで、点数に余裕をもって合格できました。FARは分量が多く、再受験は時間的にも精神的にもきついなと思っていたのでほっとしました。ここからはExpireとの闘いです。

1科目受かったことで、合格不可能な試験ではないこと、どのくらい勉強しどのくらい理解していれば受かるかという感覚が掴めた気がします。

 

AUD不合格

点数:61点

学習期間:2019年3月~2019年8月(6か月)

こちらも予想通りの結果でした。反省点は下記の通りです。

  • 絶対的な勉強時間が足りない。実務で触れているFARと同じペースで勉強しているのでは、足りなかった。
  • Assertionの理解が足りない。Assertionの概念が掴めていない、また、具体的な手順とAssertionを結び付けられていなかった。
  • 英語力が足りない。題意が正しく読み取れず間違えてしまうことがある。

英語力は短期間でどうにかなるものではないかもしれませんが、反省を活かして学習しようと思います。現在は、アビタスに予備校を変え、11月の再受験に向けて一から復習をしています。あやふやだった部分がクリアになる感覚があり、勉強が楽しいです。こんな基本も分からずに受験してたのか…という気持ちになるときもありますが。アビタスのテキストを信じてがんばります。

 

2科目同時受験について

普通の人には2科目同時受験はおすすめしません。

私は受験や資格勉強であまり苦労したことがなかったので、USCPAもすんなり取れるだろうと思っていました。ですが、私よりもスペックの高い人(JCPA、実務経験豊富、英語ネイティブ、など)が1科目に集中して仕上げてきているなか、私が2科目同時に勉強して太刀打ちできるわけがないと気づきました。そういう人たちと同じ勉強時間で合格できるとしても、2科目受験するなら一日あたり2倍の勉強時間を確保しなければなりません。働きながらだと不可能に近いです。そもそも同じ勉強時間で合格することすら難しいです。ネットで合格率や勉強時間などを見ることができますが、母集団が優秀だということを差し引いて考えたほうがよいです。

2科目同時受験は完全に悪手でしたが、1科目はなんとか受かったのでよかったです。両方落ちたら悲しすぎますし、費用も余分にかかってしまいます。残り3科目は一つずつ順番に受けていこうと思っています。

受験直後の感想はこちら。

USCPA FAR初受験感想

USCPA AUD初受験感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です