ヒンディー語では「昨日」と「明日」が一緒!?


日本人に話すと驚かれますが、 ヒンディー語では「昨日」と「明日」を一つの単語で表します。
たまに飛躍して「じゃあインド人は昨日と明日の区別がつかないんだ…!」と言う方がいますが、そんなことはないです。笑

 

ヒンディー語の「昨日」と「明日」

表にしてみました。

आज  aaj アージ 今日
कल  kal カル 昨日/明日
परसों parson パルソーン おととい/あさって
नरसों narson ナルソーン さきおととい/しあさって

 

昨日と明日、おとといとあさって、さきおとといとしあさってが同じ単語です。
単語を覚える際には、単純に考えて数が半分なので楽です。
narson(さきおととい/しあさって)は一応載せましたが、会話で使ったことはありません。

 

数直線にするとわかりやすいですが、絶対値のような考え方です。

 

混乱しないの?

私も最初にこのことを習ったときにそう思いました。
ですがヒンディー語で会話をしていて、このkalは昨日?明日?と迷ったことはありません。

時制は動詞で表現する

「昨日と明日の区別がつかない」わけではなく、昨日なのか明日なのかは動詞の時制で決まります。

kal mango khaya
(kal マンゴーを食べた)

kal mango khaunga
(kal マンゴーを食べるつもりだ)

最初のkalは昨日で、二つ目のkalは明日だということは自然にわかりますよね。

kalの後に過去形が続けば「昨日」、未来形や現在形などが続いたら「明日」です。

 

文脈

kalの後に動詞が続かない場合でも、文脈があるので見分けがつきます。

kab japan pahunch gaye? 
いつ日本着いたの? 

kal
→昨日

kab japan jaoge
いつ日本に行くの?

kal
→明日

問題なく理解できると思います。

「kal」という単語だけいきなり言われたら「昨日」か「明日」かわからず混乱するかもしれませんが、動詞の活用と文脈で簡単に判断がつきます。
言語として何か欠陥があるわけではないです。
「インド人は昨日と明日の区別がつかない」だとか「インド人には時間の概念がない」などというトンデモ理論(本当にたまに言う人がいる)を生み出さないように注意してください。

 

英語の苦手なインド人はyesterdayが使えないこともあるらしい

ヒンディー語をしゃべっているあいだは上記のように問題ないのですが、ヒンディー語が母語かつ英語が苦手なインド人は英語を話すときにyesterdayとtommorowを間違えることもあるみたいです。

会社で上司から聞いた話ですが、上司が何か大切な業務を「今すぐやるように」と指示した際に、インド人が

「tomorrow! tommorow!」

と言い出したそうです。
それを聞いた上司は「なんでtommorowなんだ! 今すぐやれって言っただろ!」と怒ったそうなんですが、別の人に話を聞くとその仕事はもう昨日終わっていたそうです。

そのインド人はkal=tomorrowだと覚えていたため、昨日と言いたいときもtommorowを使ってしまったのだと容易に推察できます。
外国語を話す際に母語に引きずられてしまう例ですね。 

この話を聞いたとき、日本人にとっては新鮮な間違い方で面白いなーと思いました。
インド人は英語が得意だといっても(この例の人は英語できないほうだと思いますが)母語はヒンディー語をはじめとするインドの言語なので、少しでも知識があるとより理解が深まると思います。
 

インドに興味を持ったらぜひヒンディー語も勉強してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です