【ボリウッド】おすすめアイテムソングまとめ


こんにちは、Nainaです。
ボリウッド大好きな私がおすすめを紹介していきます。

アイテムソング、アイテムナンバーとは、インド映画用語で「あまりストーリーに関係ないが、女優(または俳優)を前面に押し出した商業用の曲」というような意味を持ちます。

ストーリーと関係ないことや、扇情的すぎることに対する批判もありますが、私は綺麗な女優が踊っているのを見るのが単純に好きです。
名曲揃いで、女優の代表曲となっているものも多いです。

全部で7曲。これでもかなりがんばって減らしました。
ぜひ聴いてほしい曲ばかりです。

 

Fevicol Se (Kareena Kapoor)

まずはカリーナ・カプールのこの曲。
プロバイオリニストの友達のお気に入りの曲です。私も大好きです。

カリーナの顔立ちはインド人に聞いても日本人に聞いても好みが分かれる気がします。
私は写真よりも動いていたほうが美しい人だなと思います。
マニアックですがこの人の肌の質が好き。
肌の白さや質感、生まれ持ったスター性はやはりカプール家の人ですね。

 

Shaila ki Jawani (Katrina Kaif)

この曲もおすすめです!(全部おすすめです笑)
「I’m too sexy for you♪ あなたの手には入らないわ♪」と歌っています。

何度も衣装が変わるので、色々なカトリーナが見れます。
カトリーナはイギリス人とインド人のハーフで、美しさとかわいさを兼ね備えた女優さんです。
デビュー当時はヒンディー語もダンスもあまりうまくないですが、圧倒的かわいさで起用されていたというイメージがあります。
最近はダンスもがんばっているので、努力家なんだろうなと勝手に思っています。

 

ちなみにこの曲は映画『Cocktal』にも使われています。
Saif Ali Khanが女装して踊っているところに彼の両親が来てしまう…という観ると元気になる動画です。
オチが面白いのでぜひ。

 

 

Ooh La La (Vidya Balan)

この曲はめっちゃセクシーです。
ヴィディヤ・バーランは最近のモデル系女優とは違って肉付きがよいです。
後半、サリーの「あ~れ~」が見れます。笑

Ooh la laと韻を踏んでいる「Choo na na 」は「触らないで」という意味です。

 

まだまだ続きます!

Posts navigation

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です