インドに来て一週間がたちました


インドに来て、入社して1週間がたちました。
今のところ楽しく働いています。
まだまだ分からないことが多いですが、新しい職場での担当業務について触れていきたいと思います。

 

IMG_9693↑一日に三回、チャイが出てきます。

 

担当業務

前職と同じ経理グループの配属ですが、業務内容は全く異なります。

前職では、予算編成など管理会計の仕事がメインでした。
経理といいつつ、経営企画やコンサルに近いような業務が多かったです。

今の仕事は完全にactual basisの財務会計です。

先週はシステムを使って買掛金の支払いなどを行いました。
英語で仕事をするのも、そういったシステムを使うのも初めてなので面白いですが、慣れてしまえばただの”作業”です。

まずは一通り業務を教えてもらっていますが現状でもインド人が問題なくルーティーンをまわしているので、ゆくゆくは日本人として異なる業務を担当することになるはずです。

 

もう一つ定常業務とは別に、システム移管に関わる業務に取り組んでいます。
インドの税制改革に伴って社内システムが一新されたのですが、移管が上手くいっておらず現在バランスシートがバランスしていないのです。。

そこで勘定科目を一つ一つ突き合わせ、差異を修正していくという作業を行っています。
一見確認作業などすぐに終わりそうですが、システムによって勘定科目が異なったりレベルが異なるため、単純に比較できず時間がかかります。
非常に地味な仕事です…

英語やインドの税制の勉強になっているので前向きに取り組んでいます。

 

業務で英語を使ってみて

単語がわからないという基本的なことはおいておいて、英語で仕事をしてみて感じるのは、思考しながら英語で話すというのはとても難しいということです。

たいていの人間は、同時に二つの高度な処理をすることはできません。
慣れない業務で仕訳を考えながら、それを英語で説明するというのはとても難しいです。

意識せずに英語が出てくるというのが理想ですが、急に英語力が伸びるわけではないので当面はできるだけ事前に考えて結論を出しておくようにしたいと思います。

 

業務について書きましたが、実は今日の午後は家探しで潰れました。
早く良い物件を見つけて落ち着きたいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です